収益物件が盛り沢山|リスクなしで確実に運営するべし

マンションの外観

効率的な賃貸経営

困る男性

経営方針を決める方法

不動産投資を行う場合に重要なことは、物件を選ぶ時に経営方針も決めることです。特に入居者のターゲットを明確に決めるべきであり、学生や新社会人向けの物件は将来的にも有望です。大阪市のような大都市では、割安な賃料のアパートやマンションが不足気味です。したがって周辺の家賃相場もリサーチしたうえで、値ごろ感のある物件を目指すべきでしょう。一方で比較的長期間入居してくれるのは、夫婦や親子の世帯のような2人以上の家族です。2人以上入居可能な投資物件を大阪市内で探すときには、2DK以上の一棟売り物件を選ぶのがポイントです。子育てにも最適な物件の数は少ないので、平均的な家賃相場よりもやや高めに賃料を設定できるのが魅力的です。

今後の賃貸マーケット

賃貸マーケットが大きく変貌するのが、大阪市の不動産専門家の共通する意見です。人口構成の高齢化に合わせて機動的に賃貸経営の方針を変えるべきであり、特に高齢者向けの付加価値の高い物件を目指すのが理想的です。年金収入に加えて金融資産も持っている高齢者が選ぶ物件の家賃相場は、10万円から15万円の間です。裕福な高齢者の間では、築年数が浅くて設備も充実しているような、大阪市内中心部の物件が大人気です。都市部でも人口が減少する地域も増えるので、家賃相場の動向を見極めながら投資対象を絞り込む姿勢が肝心です。医療やショッピングなどの利便性を重視する人が増えるので、便利な地域の家賃相場は引き続き上昇するでしょう。