収益物件が盛り沢山|リスクなしで確実に運営するべし

マンションの外観

自宅を有効活用

電卓

メリットが多い賃貸住宅

リロケーションとは、転勤などで自宅を長期間留守にする場合に、その住宅を賃貸することです。二年間など一定期間賃貸することにより家賃収入を得ることができます。住宅ローンなどを抱えている場合には、積極的にリロケーションするほうがお得といえます。リロケーションにより借りる側、貸す側ともにメリットがあります。まず、借りる側は通常の賃貸マンションよりグレードの高いマンションに賃貸契約で住むことができる可能性が高いです。なぜなら、自宅用として購入するマンションは、自分自身が住むことを想定しているので、ハイクオリティーの物件を選ぶ傾向が高いためです。また、相場は近隣賃貸相場より安くなっていることがほとんどです。そのため家賃が安く済むのに、住居の質が高いといえます。更新時期に関しても、通常の物件のように更新料が発生しないためお得になることもあります。

貸す側にもメリットはある

逆に貸す方にもメリットがあります。留守にしている間に、不労所得を得ることが可能なので、その賃料を貯蓄することが可能となります。結婚や子供の学資など将来のライフイベントの資金を用意できるのです。更に貸出期間終了後には、自宅に戻る事ができます。あくまでも賃貸契約として貸し出すだけの契約ですので、自宅を担保することができます。しかし予定期間より早めに帰ってきても途中契約解除はできないことには注意が必要です。貸主とのトラブルも発生しにくいメリットがあります。安心して赴任地で生活することができるのです。更に自宅の劣化を防ぐメリットもリロケーションにはあります。全く人の住んでいない家屋は室内の空気が動かないため、カビが生える、あるいはホコリが積もって汚れが蓄積しやすいものです。しかし、人が居住するとそういったトラブルが回避できるのです。